江の島海水浴場協同組合【片瀬西浜公式】

江の島西浜海岸海の家を統括している『江の島海水浴場組合』の公式サイトです。片瀬海岸西浜の最寄駅・駐車場などのアクセス情報はもちろん、江ノ島海水浴場に関する情報をお届け。海の家への出店・看板(パラソル)広告・イベント(フェス)開催に関するお問い合わせも受け付けています。

「湘南」について~湘南ってどこからどこまで?? 100年以上の歴史を誇る海水浴場!~

「湘南」について~湘南ってどこからどこまで?? 100年以上の歴史を誇る海水浴場!~

この投稿をご覧の皆さんは、「湘南」についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

きっと、海に関連することをイメージされたかと思います。
また、当組合が管轄する江の島周辺、鎌倉・茅ヶ崎周辺をイメージされた方が多いのではないでしょうか。

しかし、「湘南」の範囲や起源等は多くの方が明確なイメージが出来ない方が多いかと思います。

Wikipediaによると、”湘南(しょうなん)は、神奈川県の相模湾沿岸地方を指す名称である。”とあります。

また、”語源は、かつて中国に存在した長沙国にあった洞庭湖とそこに流入する瀟水と湘江の合流するあたりを瀟湘と呼びその南部に似ていたことから瀟湘と(洞庭)湖南より一字ずつを取り湘南としたとされている”ともあります。

中国の地名が語源となっていることは、意外な気もします。
江戸時代は大磯のことを「湘南」とし、明治期になると相模川を挟んで西側を「湘南」、東側を「湘東または新湘南」と表したそうです。
つまり江の島周辺、鎌倉・茅ヶ崎周辺は当時の「湘南」範囲外だったということですね。

追記:旧国名「相模」の南側で「相南」。それに水を意味するさんずいを付けて「湘南」となったという説もあります。

ところで、神奈川県の海水浴場の歴史は、明治20年頃に始まります。

明治18年に大磯海に海水浴場が開設、同年由比ガ浜に海水浴場が開設。
翌年に鵠沼海岸に海水浴場が開設。

そこから、今年に至るまで湘南の海水浴場は、国内屈指の海水浴場として認知されています。

改めて、「湘南」について考えを巡らせるのも面白いですね。
まさに温故知新と言えるような、色々な気づきが得られること間違いありません!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)