江の島海水浴場協同組合【片瀬西浜公式】

江の島西浜海岸海の家を統括している『江の島海水浴場組合』の公式サイトです。片瀬海岸西浜の最寄駅・駐車場などのアクセス情報はもちろん、江ノ島海水浴場に関する情報をお届け。海の家への出店・看板(パラソル)広告・イベント(フェス)開催に関するお問い合わせも受け付けています。

江の島西浜へのアクセス方法~電車は何と3路線&夏の渋滞・駐車場情報~

江の島西浜へのアクセス方法~電車は何と3路線&夏の渋滞・駐車場情報~

こんにちは。片瀬西浜「江の島海水浴場協同組合」Web担当、梅雨が憂鬱なタッキーです。

首都圏からのアクセスが良い、江の島ですが、皆さんはどの路線でいらっしゃるでしょうか。
私ことタッキー(藤沢が最寄り駅)は、晴れの日は原チャリ、雨の日は小田急を使用することが多いです。
ちなみに、私の原チャリは江の島をあしあらった「藤沢ご当地ナンバー」を付けていますww
詳しくは、こちらの投稿をご覧ください!

電車でのアクセスは、以下の3路線が利用可能です。

・小田急江ノ島線
・江ノ島電鉄線
・湘南モノレール

また、各路線で、観光用の乗り放題切符も販売しています。是非、ご利用ください!



そして、お車の場合は以下の国道を目指していただけると分かりやすいかと思います。

・国道467号線(通称町田線)
・国道134号線

※画像出典:藤沢観光協会

それでは、各アクセス方法について、タッキーなりの解説をしていきたいと思います。
江の島や湘南各方面ご来訪時の参考になれば幸いです。

小田急江ノ島線~首都圏からのダントツの好アクセス!~

まずは、小田急線のご紹介です。
一番、メジャーなアクセス方法と言えるかと思います。

小田急利用のメリットは、何と言っても首都圏からダントツの好アクセス!
新宿から乗り換えなし、およそ1時間10分で新宿・片瀬江ノ島間を結びます。(ロマンスカー利用の場合)
急行、快速急行利用の場合でも、藤沢駅まで乗り換えなし、およそ1時間20分ほどの所要時間です。

運行本数も大変豊富で、小田急を利用すれば「取りあえず何とか」なります。笑
片瀬江ノ島駅は始発なので、座れる率が何気に高かったりします!
予め、予定を立てておいて、ロマンスカーで快適にご帰宅というプランも海でお疲れのカラダに特に効果的かと思います。

また、駅から江の島本島・西浜海岸への直線距離が一番近いのも小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅となります。(西浜まで徒歩約3分)
西浜は駅を降りて、右方面に向かっていただけるとすぐに見えてきます!

駅舎も改装をしており、「江の島に来たな!」と感じていただけること必至です!

駅前にコンビニがありますが、夏のピーク時は大変混みあっておりますので、ご注意ください!
自動販売機のドリンクも供給が間に合わず、売り切れや冷却不足の場合もあります。併せてご注意ください!
夏場の水分補給は、とても大切です!!

*参考サイト*

江ノ島電鉄線~湘南らしさ溢れる路線!!~

「江ノ島」が路線名となっている、湘南・江の島らしさに溢れる江ノ電。
私も、友人が遊びに来た際によく利用します。

・・・ところで、「江ノ島」と「江の島」を併記していますが、理由についてはこちらの投稿をご覧ください。

特に私が好きなのが鎌倉・江ノ島間です。
湘南観光の二大メッカである鎌倉と江ノ島を結ぶこの区間は、海岸と並行に線路が通っており景観が抜群です。
まさに「湘南の王道」であると言えます。

また、超名作バスケ漫画「スラムダンク」の舞台もこの沿線上にあり、途中駅での下車もオススメです!

鎌倉から見て、江ノ島駅より一つ手前の腰越(こしごえ)駅を出発し、しばらくすると少しの間ですが電車が路面を走ります。

自動車が電車に道を譲る、という中々お目に掛かれない光景。私は昔から慣れ親しんだ光景ですが、多くの方がビックリされるようです。

*参考サイト*

湘南モノレール~意外な穴場路線?藤沢・鎌倉の緑を満喫!~

電車のアクセス、最後のご紹介となるのは湘南モノレールです。

地元の人でも、もしかしたら・・・利用したことのない方いらっしゃるかもしれません。(すみません・・・)
この電車は、大船~湘南江の島を結ぶ懸垂式のモノレールで主に沿線にお住まいの方に利用されている電車です。
懸垂式とは、線路から車両がブラ下がる形式のモノレールです。
日本に2つしかないそうです。(その他多くが、レールを跨ぐタイプです。)

藤沢市と鎌倉市の境目には、山があるのですが、その山を登ったり降りたりという勾配が特徴です。
沿線は、緑が豊かで、海で遊ばれる前後に山の緑も楽しめるというお得仕様となっております笑

また、懸垂式であるため走行中の車両直下に道路があり、通車の上を駆け抜けていく感じは大変スリリングです。
(湘南モノレールのサイト上でも、「まるでジェットコースター!」と謳ってます笑)

王道の湘南・江の島観光を一通り経験した方にオススメです!

*参考サイト*

自家用車~海岸線国道134号は、ドライブに最適!~

最後にご紹介するのが、自家用車でのアクセスです。

冒頭にも記載しました通り、国道467号(通称町田線)・国道134号が江の島にアクセスする主要な道路となります。

※画像出典:藤沢観光協会

特に134号は、神奈川県の海岸と並行に走る道路で、海を感じながらドライブが出来ます!
暑い時期でも、エアコンはかけずに、窓全開で走っていただくことをオススメします!
すごく気持ち良いですよ~
腰越から七里ガ浜くらいまで、江ノ電も並行に走るため、湘南らしさが思い切りお楽しみいただけます!

しかしながら、両線とも地元の方々もよく利用する道路であるため、シーズン問わずそれなりの交通量があります。
そして、夏のピーク時には、、、正直かなり渋滞します。

また、海周辺にはかなり駐車場が整備されているのですが、夏のピーク時には駐車渋滞も発生しています。
自家用車で、ご来訪の際には是非ピークを考慮した計画でお越しください。

西浜の最寄りの主な駐車場は、以下となります。

写真⑤:江ノ電駐車センター

写真⑥:片瀬海岸地下駐車場

写真⑦:中部駐車場

写真⑧:西部駐車場

※参考サイト:湘南なぎさパーク

134号沿いには、駐車場案内が分かりやすく掲示されています!

そして何より、交通法規を順守、安全運転にてご来訪ください!

まとめ


・小田急線はダントツの好アクセス、迷ったら小田急!
・江ノ電は湘南らしさ満点!鎌倉も併せて楽しみたい方にオススメ!
・湘南モノレールは、意外な利便性!乗車自体がアトラクション?
・自家用車で海岸線ドライブは最高!夏場の渋滞が難点

いかがだったでしょうか?

地元民としての意見入れ過ぎな点は、ご容赦ください笑

一口に江の島へのアクセスと言っても、結構奥が深いです!
今後、目印になるものや、細々とした情報を付記していく予定です。

ご質問等も喜んで受け付けますので、ご連絡ください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)