海にまつわる漢字~江の島の”江”について~

海にまつわる漢字~江の島の”江”について~

こんにちは!
片瀬西浜「江の島海水浴場協同組合」Web担当、タッキーです!

昨年、「海にまつわる漢字~渚について~」という投稿をしたところ、ご好評をいただきました!

第二段となる今回の投稿では、江の島の”江”について簡単に解説いたします。

個人的には、「江の島」と表記するとき以外、”江”の字はあまり使用しないな、、という印象です。
パッと思いつく限りでは、「江崎(えさき)さん」「江戸(えど)時代」「近江(おうみ)」「江東(こうとう)区」の4つ程度です。
また、”江”単体では、使用したことがないかもしれません。。。
実は、”江”単体の意味をきちんと把握していないことにも気づきました。(いつも投稿のテーマを考えていると新たな発見があります。笑)

調べてみたところ、”江”とは「海や湖が陸地に入り込んだ地形」のこと(=入江)を指すそうです。
ちょうど、以下の写真のような地形です。

確かに!!
江の島は、元々陸続きでした。

弁天橋の架かっている部分は「入江」であり、そこから島が独立した」と考えることが出来ます。
まさしく”江”の島ですね!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)